未来の素材を化学・樹脂で拓く

日信化学が取り扱う「機能性樹脂」とは、

日信化学は「機能性樹脂」の製造、販売を行う会社です。

機能性樹脂とは、それを添加することによって、汎用樹脂本来の性能を極限まで大幅にアップすることが出来たり、また各種の製品の持ち味、風合いなどに特徴ある機能を与えて商品としての付加価値を、お客様にご満足をいただけるレベルまで高めることの出来る素材です。日信化学の製品そのものがお客様の目に直接触れるチャンスは余りありませんが、コンシューマー商品の商品価値を高めるための陰の立役者として、化学で広く社会のお役に立てていると自負しています。

永年に亘り培われた製品開発と生産技術のノウハウは、一貫した生産システムと綿密な管理体制のもとで充分に活かされ、信頼される製品を生み出しています。機能性樹脂開発のエキスパートとして、高度な製法で生産される日信化学の製品は、化学・機能性樹脂など多岐にわたる分野で高い評価を得ています。

塩化ビニル・酢酸ビニル系共重合樹脂 ソルバイン:塩化ビニルの強靭性、耐薬品性と酢酸ビニルの付着性、可塑性を活かし、さらに種々の極性基を付与した、接着性、溶解性、無機物の分散性に優れた変性塩化ビニル樹脂です。無機顔料分散用としてグラビアインキや各種塗料のバインダー、デジタル記録素材・機能性フィルムのコーティング剤、アルミなどの各種金属の接着剤として幅広く使用されています。

塩化ビニル系エマルジョン ビニブラン:日信化学が特殊な重合技術により、世界に先駆けて開発した画期的なエマルジョン製品です。

酢酸ビニル系エマルジョン ビニブラン:日信化学独自の乳化重合技術を駆使して得られた、乳白色形状の合成樹脂接着剤です。特に乾燥設備は不要で、強い接着力を有し、柔軟性、タワミ性に優れる物から硬さや耐水性を有する物まで取り揃えています。これらの合成樹脂接着剤は、紙加工、難燃加工、木工の分野など幅広い用途で使用されています。

アクリル系エマルジョン ビニブラン:日信化学が長年にわたり蓄積した、アクリル酸エステルの共重合技術を駆使し、新しい着想を練り込んで設計を行ったエマルジョンです。

シリコーン・アクリル共重合樹脂 シャリーヌ:日信化学が世界に先駆けて開発に成功した特殊変性樹脂で、繊維や紙や樹脂などに、全く新しい機能を与えるポリマーです。シャリーヌEは、エマルジョンで、反発弾性に富んだ粘着性の少ないフィルムを形成し、優れた耐候性、耐熱性、滑り性、耐久性などの機能を付与します。また、シャリーヌRは、シリコーンの優れた表面特性とアクリルによる他種樹脂との良好な相溶性を合わせもつ、シリコーン・アクリル共重合樹脂をパウダー化したものです。塩化ビニル樹脂、TPU、オレフィン樹脂、その他の合成樹脂との相溶性に優れ、表面に配位したシリコーン成分により、摺動性、耐摩擦性、耐ブロッキング性および撥水性の向上、振動音や異音の抑制など、樹脂表面の改質に優れた効果を発揮します。

ホットメルト接着剤 熱可塑性樹脂を主成分とした100%固形分、常温固体の接着剤で、アプリケーターにより加熱溶融し、塗布します。塗布後、数秒で固化接着するため、高速、生産性の向上を要求する分野に使われ、製本、製函、製袋のほか合板用、衛生材用途などに広く使用されています。

アセチレン系化学品 サーフィノール・オルフィン:サーフィノールは、アセチレン基を中心に持ち、左右対称の構造をした非イオン性界面活性剤(化学品)で、「泡の立ちにくい濡れ剤」として各方面の水系材料で使用されています。また、オルフィンは、サーフィノールの性能を更に引き出すために改良を加えた日信化学応用品で、常に最新の情報・技術に基づいた製品の開発を実施しており、各種法規制や環境問題にも配慮した化学品で、お客様のご要望にお応えしたいと考えております。

  1. 日信化学のインクジェットインク受理層用樹脂
  2. ハイブリッド樹脂
  3. カタログ デジタルパンフレット
  4. 会社・製品紹介動画
  • 塩化ビニル・アクリル系ハイブリッド樹脂 ビニブラン700シリーズ
  • ポイント 世界初 塩ビ系透明エマルジョン
  • 主用途 塗料・インキバインダー用 インクジェット・熱昇華印刷受理層用
  • 特徴 分散性・混和性良好 耐水性・発色性に優れた透明皮膜を形成

熊本県を中心に発生したこのたびの地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

  • JAB EMS JQCA
  • 会社案内
  • 先輩の声
  • 日信化学工業のCSR活動
  • 実は福井の技
  • 個人情報のお取り扱いについて
  • アスベストの使用状況について
  • 一般事業主行動計画

日信化学工業株式会社は、昭和30年(1955年)3月1日、福井県武生市(現越前市)に設立され、翌年より塩化ビニル樹脂の製造を開始いたしました。その後、塩化ビニル・酢酸ビニル系変性樹脂、各種合成樹脂エマルジョン、アセチレン系化学品などの化学製品、樹脂製品を製造販売して現在に至っております。

また、シリコーン・アクリル共重合樹脂「シャリーヌ」や塩化ビニルを主体とした複合樹脂「ビニブラン700シリーズ」など、各素材の持つ特徴を合わせ持った“ハイブリッド樹脂”の開発にも力を注いでおります。

永年に亘り培われた製品開発と生産技術のノウハウを基に、高度な製法で製造される日信化学の製品は、化学分野、樹脂分野など多岐にわたり高い評価を得ています。

今後も「未来の素材を化学で拓く」をコンセプトに、より特色のある化学製品、樹脂製品を開発していきます。

このホームページでは、下記製品のご紹介に加え、会社概要、各種活動をご報告しております。また、お問い合わせページもございますので、製品についてのご質問がある方は、お気軽にご連絡ください。

×