先輩の声(技術職)

~学生の皆様へ~
当社で活躍している先輩たちをご紹介します。

坂川 緋梨(さかがわ あかり)

2016年度入社
工場環境品質管理部検査分析グループ所属
福井工業高等専門学校専攻科環境システム工学専攻

業務内容を教えてください

検査分析グループに所属し、品質管理に関わる仕事をしています。
各種クロマトグラフィー(GCHPLC)、赤外分光法(IR)等といった機器分析を担当することが多く、
主に、製品や試作品の物性および組成の評価に携わっています。



ズバリ!仕事のやりがいは?

自身の成長に気付くその時々にやりがいを感じます。
仕事は経験であるとはよく言ったもので、毎日何かができるようになります。
カテゴリーや程度に差はあれど、自分は今成長していると実感することほどやる気に繋がるものはありません。


職場の雰囲気はいかがですか?

中小企業ならではの親しみやすい雰囲気です。個を大事にするという印象で、
発言や時間管理を含め自由にのびのびと仕事ができます。
仕事の話は丁寧に詳しく、世間話は気軽に楽しく、そんなメリハリのある職場です。

 

就活中の後輩へエールを!

就職活動はあくまで人生の一通過点であって、ゴールではありません。取り繕わず、
ありのままの自分を大切にして後悔のない道へ進んでもらえればと思います。

宮本 大士(みやもと ひろのり)

2013年度入社
工場生産技術部部技術グループ所属
電気通信大学大学院情報理工学研究科知能機械工学専攻出身

業務内容を教えてください

私は工場全体の生産技術に携わらせてもらっています。
今、増産に対する増設工事を行っており、担当課やエンジニアリング会社など
多くの人を巻き込んで計画を進めています。
また、既存設備の省エネ化、合理化を進めています。



ズバリ!仕事のやりがいは?

私が携わっていた案件が完成した時にやりがいを感じます。
他課の人や関連会社の人、外部業者の方々と協力して行った工事が無事に完成したり、
目に見えた効果や合理化(省エネ)金額が現れた時には満足感を得られます。



職場の雰囲気はいかがですか?

福井の県民性なのか、とてもいいと思います。
私の上司や先輩は仕事のことはもちろん、
プライベートなことでも親身に相談にのってくれ、ありがたいです。



就活中の後輩へエールを!

私が就活中に印象に残ったことに「自分の身の丈に合った企業を探す」と、ある社長がおっしゃっていた言葉があります。
自己分析をしっかりと行って自分にあった企業をみつければ、後悔しない結果になることと思います。

井上 宙見(いのうえ ひろみ)

2012年度入社
工場環境品質管理部検査分析グループ所属
福井工業高等専門学校物質工学科出身

業務内容を教えてください

あらゆる製品や試作品を分析して規格に入っているかどうかを調べています。
主に、オルフィンというアセチレン系化学製品を担当しています。
分析内容は、水分や屈折率、比重などの測定、IRでの同定などで、機器を多く使用しています。



ズバリ!仕事のやりがいは?

一度に大量のサンプルが来たり、分析項目がたくさんあったりすると、少し気が滅入ってしまうときもありますが、
山積みになった課題を処理した時の達成感はとても大きく、次も頑張れる!という気持ちに変わります。



職場の雰囲気はいかがですか?

とてもフレンドリーな方たちばかりで毎日がとても楽しいです。話し出したら止まらないくらいです。
困った時は一緒に親身になって考えてくれて何度も助けてもらっています。
家族のような存在と勝手に思っています。



就活中の後輩へエールを!

もし思うようにいかなかったり夢が叶わなかったりしても、落ち込まなくて大丈夫です。
失敗した分だけいいことが待っていると私は思います。
何よりも経験を積むことが自分を成長する大きな力になるのでたくさん挑戦して頑張ってください!

三竹 亮史(みたけ あきふみ)

2012年度入社
工場生産技術部技術グループ所属(2015年9月~)
金沢大学大学院自然科学研究科物質工学専攻出身

業務内容を教えてください

工場全体の生産技術を担当する部署に所属しています。
主に、既存設備の管理や合理化、新規設備の設計を行っており、
製造スタッフや研究、エンジニアリング会社と打合せを重ねながらテーマを進めています。



ズバリ!仕事のやりがいは?

私は、入社時は研究所所属でしたが、異動により現在の生産技術部所属となりました。
研究の時と同じく、最初は分からないことが多いですが、
努力して出来ることが増えて行く度に喜びを感じます。
また、業務範囲が工場全体と広いため、工場内の色々なことに携わり、
多くの方々と協力してテーマを実現させることが出来るため、面白く感じています。



職場の雰囲気はいかがですか?

日信化学は製造・営業・研究の連携が強く、研究所所属の時から製造の方々とは関わりが多かったので、
異動してもスムーズに製造の雰囲気に馴染むことが出来ました。
公私ともに話しやすい方が多く、最初から製造配属であっても馴染むことが出来たと思います。



就活中の後輩へエールを!

就職活動は、自分自身のことや社会のことなど、多くのことを考え、選択する良い機会です。
悩むことも多く、体力的にも精神的にも厳しいと思います。
ですが、諦めずに努力し続けていれば必ず良い結果を得られます。
人事を尽くして天命を待つ、ですかね。

和田 真人(わだ まさと)

2011年度入社
工場生産技術部製造第一課所属
金沢工業大学大学院工学研究科バイオ・化学専攻出身

業務内容を教えてください

私は現在製造一課で塩酢樹脂及び塩化ビニル系エマルジョンの製造に関わるスタッフの仕事をしています。
主な業務は製造管理、品質管理等の業務をはじめ、新規品の立上げや新規設備の検討、
如何に効率よく生産できるか、無駄な作業の削減などといった生産の合理化も行っています。
製造スタッフと言えど、多岐にわたる業務があり、日々考え、また他部署と意見交換をしながら仕事をしています。



ズバリ!仕事のやりがいは?

とてもやりがいのある仕事だと思います。製造現場は常に稼動しています。
私たちスタッフは安定した生産、より良い品質の製品を作るために現場をサポートする仕事だと思っています。
そのため常に生産の合理化が求められており、検討して効果あった時や、
設備や作業方法に反映された際には非常にやりがいを感じます。



職場の雰囲気はいかがですか?

製造現場だけではなく関連部署と日々意見交換を行いますが、
どの部署でも気軽に意見交換や相談しやすい雰囲気だと思います。
また仕事のことだけではなく、プライベートなことでも話しやすい職場だと思います。

 


就活中の後輩へエールを!

就職活動は今までで一番自分と向き合う機会だと思います。
また、仕事とは言っても様々な業種、職種があり悩むこともあると思いますが、
様々な会社に触れ合えるのも就職活動だけではないかと思います。
自己分析や就職活動を通じて、本当に自分は何をしたいのか、
自分の持ち味を発揮できる職場はどこなのかを探してください。
信念を曲げず、焦らず一つ一つ真剣に取り組めば、良い結果につながるはずです。

PAGETOP