各種合成樹脂エマルジョン ビニブラン (アクリル系エマルジョン)

当社が長年にわたり蓄積した、アクリル酸エステルの共重合技術を駆使し、新しい着想を織り込んで設計したエマルジョンです。 アクリル系の特長である、モノマー選択の自由度を十分に生かし、柔軟な発想のもと、お客様のニーズにあった商品開発を進めています。 特に、自動車内装材用難燃バッキング剤はお客様のご要望にお応えしカスタマイズさせて頂くとともに、住宅用インテリア製品、家電用フィルター、不織布などにも応用可能です。

仕上加工用(コーティング・バインダー用)

乳化剤を使用していないソープフリー型のアクリルエマルジョンです。
耐水性や耐溶剤性を有する強靭な皮膜を形成する為、各種コーティング用途に適しています。

品番主成分固形分
[%]
粘度
[mPa・s]
PHMFT
[°C]
Tg
[°C]
特徴
2682 アクリル 30 100 7 0 -30 ・ 耐溶剤性、ソフト皮膜
2680 アクリル 30 100 7 3 8 ・ 耐溶剤性
2684 アクリル 30 100 7 23 20 ・ 耐水性
2685 アクリル 30 100 7 42 50 ・ 耐水性、ハード皮膜
2687 アクリル 30 1,000 7 17 20 ・ 耐溶剤性、カチオンタイプ

特徴
  1. ソープフリー型のアクリルエマルジョンです。
  2. ホルムアルデヒドや環境ホルモン等の有害物質を含んでおりません。
  3. 耐水性・耐溶剤性を有する強靭な皮膜を形成します。
  4. 紙コーティング剤として使用した場合、優れたインク吸収性を示します。
  5. 優れた耐洗浄性を有する繊維処理剤を得ることが可能です。

耐水性と耐溶剤性

アクリル酸エステルの選択とソープフリー化の組み合わせにより、優れた耐水性・耐溶剤性を付与することができます。


試験方法
  • 清浄なガラス板に乾燥時の膜厚が約10ミクロンとなる様にサンプルを塗布し、105℃×1分間加熱して皮膜化させる。
  • 得られた皮膜に、純水(20℃)、溶剤(メタノール、アセトン)を1mL滴下し、5分経過後の外観の変化を観察する。
PAGETOP