塩化ビニル・酢酸ビニル系変性樹脂

ソルバイン

各種合成樹脂エマルジョン
塩化ビニル・アクリル系ハイブリッド樹脂
高機能型紙管用接着剤
シリコーン・アクリル系ハイブリッド樹脂

シャリーヌ

ホットメルト接着剤
ステアリン酸亜鉛ブロック成型体
アセチレン系化学品
シリコーン系添加剤
  • JAB EMS JQCA
  • Go to ShinEtsu web site へ→
  • ShinEtsuグループ マテリアルガイド
  • 個人情報のお取り扱いについて

シリコーン系添加剤

シルフェイス
→SDSへリンク

シルフェイス カタログ(PDF)

シルフェイスはシリコーンを基本構造とした濡れ・浸透剤です。 塗膜を形成することが必要となる、広い分野で使用されています。 ごく少量添加することで、濡れ性不足や泡に起因するトラブルを解決することができます。 また、塗膜の表面を傷つきにくくするなどの効果もあります。

この製品に関するお問い合わせはこちら

品名外観有効成分
(%)
比重(25℃)水への
溶解度(%)
消防法化審法表面張力
(mN/m:0.1%
水溶液,23℃)
備考
SAG503A 淡褐色透明 100 1.05 可溶 4-3 登録済保証 22 低表面張力
低接触角
SAG014 淡黄~淡褐色 100 1.02 0.5 4-4 登録済保証 22

-

SJM002 淡黄色透明 100 0.96 0.1 4-3 登録済保証 22 低表面張力
低起泡性
SJM003 淡黄色透明 100 1.03 <0.1 4-3 登録済保証 22 低表面張力
低起泡性

(注)上記のほかに、特殊グレードについてもご相談に応じます。

 

シルフェイスSAGシリーズの特徴

  水と溶剤比の変化に関わらず、一定の接触角低減効果を付与します。

 

・プロピレングリコール/水系への添加効果

 

 溶媒として水・溶剤の両方が配合された水系塗料や水系インク等は、難吸収基材を塗布対象とした場合、

乾燥過程で溶媒は沸点の低い順に揮発し、溶媒中の水と溶剤の比率が変化します。

 シルフェイスSAG014やシルフェイスSAG503Aは、水と溶剤比の変化に関わらず、

一定の接触角低減効果を付与できる為、この系の添加剤として非常に有用です。

 

用途

○水性インク

 インクジェットインク、フレキソインキ、グラビアインキ

○水性塗料

 自動車用塗料(中塗り、上塗り塗料)、プラスチック塗料、木工塗料

○フィルムコーティング分野

 



▲ページトップへ戻る